役に立つ情報

【ブロックディタが使える】3STEPで固定ページをトップページにする方法「WordPress」

ポテイモ

こんにちは、ポテイモ(@poteimoblog)です。

ブログ運営を行っていて、トップページを自分好みに変更したいなと思ったことはありませんか?

僕自身まさにそうでして、同じテーマの人と少しでも差をつけたくトップページを変えたいと思ってました。

でも、トップページを変えるとなると「難しいコードを使いそう」「なんか難しそう」と思いますよね。

この問題は固定ページをトップページにすることで解決できます!

そこで今回は、固定ページをトップページに表示させる方法を3STEPで解説。

これによって、普段の記事作成と同じようにブログパーツを使って自分好みのトップページを作れるようになります。

この記事をおすすめする方
  • トップページを自分好みに設定したい方
  • ブロックエディタを使っている方
  • 同じテーマ使用者とデザインで差を付けたい方

固定ページをトップページにする方法

それでは固定ページをトップページにする方法を3STEPで解決していきます。

作業の流れ

STEP1:トップページ用の固定ページを作る

STEP2:新着記事用の固定ページを作る

STEP3:それぞれの固定ページを割り当てる

簡単にできる作業なので、ぜひやってみてください!

1.トップページ用の固定ページを作る

まずはトップページに表示する固定ページを用意していきます。

最初にWordpressのメニュー欄にある「固定ページ」を選択。

次に画面上にある「新規追加」をクリックしましょう。

すると記事を書く時と同じ画面がでるので、タイトル(なんでもいい)デザインをしていきましょう。

終わったら「公開する」を押しましょう。

以上でトップページに表示する固定ページは完了です。

2.新着記事用の固定ページを作る

次に新着記事を表示するための固定ページを用意していきます。

トップページ同様、Wordpressのメニュー欄にある「固定ページ」を選択。

次に画面上にある「新規追加」をクリックします。

そして、タイトルのみ記述してください(自動で新着記事が表示されるので、デザインはやらなくていいです)

最後に、右側メニューの「固定ページ」にあるURLスラッグに英語で好きな名前をいれて、「公開する」を押します。

以上で新着記事用の固定ページは完了です。

3.それぞれの固定ページを割り当てる

最後に、用意した固定ページの表示設定をしていきます。

WordPressメニュー欄の「設定」にある「表示設定」を選択。

「ホームページの表示」で「固定ページ」を選択します。

そして、ホームページのところにトップページ用の、投稿ページに新着記事用の固定ページを選択しましょう。

最後に画面下の「変更を保存」をクリック。

以上で固定ページをトップページにすることができました!

最後に確認!

最後に固定ページをトップページに変更したら確認をしましょう。

主な確認項目は以下の3つです。

  • トップページがしっかり反映されているか
  • 新着記事やカテゴリーごとのページリンクをトップページに貼ったか
  • パソコンとスマホでデザインが大きく崩れていないか

特に、トップページに新着記事用のリンクを張るのを忘れないでください!

これらが大丈夫であればトップページは完成です。

お疲れさまでした!

まとめ

今回は「固定ページをトップページにする方法」を解説しました。

固定ページをトップページにすることで、ブログパーツを使った自分好みのトップページを作れるように!

実際、僕のトップページも固定ページを使って作られてます。

固定ページをトップページにするのは簡単なのでぜひやってみてください。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA