ガジェット

iPadで使えるメモ用に最適なタッチペン【Briskjpタッチペン】

ポテイモ

こんにちは、ポテイモ(@poteimoblog)です。

iPadをメモ帳として使いたい方はiPad用タッチペンが必要になってきます。

しかし、ApplePencilだと値段が高くてオーバースペックであり、メモ用として使うにはもったいないですよね。

僕自身も使っていなかったiPadをメモ帳として活用するためにペンが欲しくなりましたが、ApplePencilは高すぎると感じておりました。

そこで安くて最低限のタッチペンはないかとネットで探してみたところ、「Briskjpタッチペン」を見つけ購入。

遅延なくすらすらとメモを取れる上に保管もしやすく、現在も使っております。

商品の特徴

・静電タイプの極細ペン

・自動電源オフ機能

・磁気吸着機能

今回はこの「Briskjpタッチペン」を紹介していきます。

「Briskyjp スタイラスペン」の概要

スペック

Briskjpタッチペンとは

Briskjpタッチペン」はBriskjpが販売するiPad用静電式タッチペン(スタイラスペン)です。

ペン先に微弱な電気を発生させてiPadに反応させる仕組みで、ペアリングの必要がない充電式となっております。

値段2,980円
サイズ縦16.5・横0.8・奥行き0.8cm(自分調べ)
充電方式USB Type-C
使用可能時間最大約20時間
充電時間約1.5時間
重さ16.5g
カラーバリエーションホワイト/ブラック
対応デバイス

2018年以降iPad/iPad Pro/iPad air/iPad mini対応

iPad Mini 7.9"(第五世代)A2124/A2125/A2126/A2133

iPad 2018/2019(第六、七世代)A1893/A1954/A2197/A2198/A2200

iPad Air 10.5"(第三世代)A2152/A2123/A2153/A2154

iPad Pro 12.9"(第三世代)A1876/A2014/A1895/A1983

iPad Pro 12.9"(第四世代)A2229/A2233/A2069/A2232

iPad Pro 11" A2013/A1934/A1979/A1980/A2228/A2231/A2068/A2030

iPad 2020(第八世代)A2270/A2428/A2429/A2430

iPad Air 10.9"(第四世代)A2316/A2325

同梱物

同梱物

・ペン本体

・充電用ケーブル(Type-A to C)

・替え用ペン先

・ペンケース

・取扱い説明書

外観

全体的な見た目は極々普通のペン。

一辺のみ平らになっており、ランプとUSB Type-Cの差込口がある。

ペン先は極細というだけあってかなり細い。

ペンの上部にはタッチ式電源が備わっている。

「Briskyjp スタイラスペン」の良いところ

安定して使うことができる

iPadとペアリングせずに使用できるので、通信が途切れることなく安定して書けます。

通信が途切れてしまってはメモを取り逃したり、ストレスが溜まってしまうのでありがたいです。

しかも、書く時の遅延もなくスラスラと書くこともでき、文字が崩れてしまうことがありません。

ポテイモ

せっかくのメモなのにしっかり残せなかったらいやだよね

保管しやすい

磁気吸着機能があるので、対応しているiPadにくっつけて保管できます。

そのため、わざわざペンをケースにしまう必要がありません。

また、磁気吸着機能は磁石が付くところであれば使用できるので、iPadが対応してしていなくても使うことができます。

ポテイモ

磁気吸着機能で無くす可能性もグッと減らせる!

電源を切り忘れても安心

Briskjpタッチペン」は5分間操作しない場合、自動的に電源がオフになります。

これによって電源を切り忘れても充電が無くなることはなく、充電しないと使うことができなくなる事態をしっかり回避。

また、ちょっと席を離れただけのつもりが長くなってしまった場合でも、無駄な電力消費を防止できます。

ポテイモ

僕も電源をよく消し忘れるのでありがたい機能!

充電が長持ちする

充電しないで8時間の勉強に使っても、電源が切れる気配がないほどに長持ちします。

途中で電源が落ちてしまえば勉強や作業が止まるので、電源が長持ちする点は大きなメリットになるでしょう。

使用できる時間が最大で20時間であるため、8時間以上使う方でも安心して使うことができますよ。

ポテイモ

1日中寝ずにぶっ通しで使わない限り大丈夫!

「Briskyjp スタイラスペン」の悪いところ

傾き感知機能や筆圧感知機能がない

Briskjpタッチペン」には傾き感知機能や筆圧感知機能がありません。

イラスト制作用に使う方にとっては致命的な問題ですが、メモ用として使う方にとっては必要ないでしょう。

もしイラスト用として使う方はタッチペンではなくApple Pencilを選びましょう。

ポテイモ

メモ用途ならいらない機能なので気にしなくて点だよ。

タッチ電源が少しやりにくい

タッチによって電源を付けること自体は良いのですが、判定が少しシビアです。

というのも、ペンのとくにテッペン辺りを触らないと電源を付けることができないからです。

そのため、タッチしても1回では電源がつかない場合も…。

ただ、誤操作を防げるというメリットもあり、意図せず電源を付けてしまうなんてことを減らせます。

ポテイモ

感度が良すぎるとかえって使いにくい

こんな人におすすめ

Briskjpタッチペン」は以下の3つのどれかに当てはまる人におすすめします。

・iPadでメモを取りたい方

・本格的なイラスト制作を行わない方

・タッチペンを安く手に入れたい方

特にiPadでメモ用として使う方におすすめします。

まとめ

今回は「Briskjpタッチペン」の紹介をしました。

しかも磁気吸着機能や自動電源オフ機能によって機能性も高く、扱いやすいタッチペンとなっております。

iPadのメモ用ペンを探してしている方はぜひ「Briskjpタッチペン」を選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA