正式リリースしたLogi Options+に乗り換えた感想【MX Master3使用者】 | ポテイモブログ|デスク周りのガジェットレビューブログ

デスク周りのガジェットレビューブログ

正式リリースしたLogi Options+に乗り換えた感想【MX Master3使用者】

    
正式リリースしたLogi Options+に乗り換えた感想【MX Master3使用者】
\ この記事を共有 /
正式リリースしたLogi Options+に乗り換えた感想【MX Mas...

こんにちは、ポテイモ(@poteimoblog)です。

ポテイモ

Logicool製品を使っている方にはおなじみのソフト「Logicool Options」。

最近になってその後継ソフトである「Logi Options+」が正式にリリースされました。

この「Logi Options+」について、従来のものと比べてどうなのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は「MX Master3」を使う僕が「Logi Options+」を使ってみてどう感じたかを紹介!

先に結論を言っておきますと、「まだ乗り換えは待ったほうがいい」です。

なぜこんな結論に至ったのかが気になる方はぜひ見ていったください。

この記事をおすすめする方
  • 「Logi Options+」が気になっている方
  • Logicool製品のマウスを使っている方
  • 結論の理由が気になる方

「Logi Options+」の概要

Logi Options+について

「Logi Options+」は、従来のソフト「Logi Optionsの後継にあたるソフトです。

Logi Options+
引用:LOGI OPTIONS+サイト
https://www.logicool.co.jp/ja-jp/software/logi-options-plus.html

より使いやすく生産的にするのを目的に進化させてリリース。

これまではBeta版として使えましたが、今回からは正式版として使用可能になりました。

対応機種

対応している機種は以下の通りです。(マウスのみの場合)

Logi Options+ 対応機種

最新の世代が対応している感じで、MX Master2など1世代前の時点で対応していません。

ただ、これから追加していくみたいなので、気長に待っていましょう。

ちなみにキーボードの方も載っているので、気になる方は以下のボタンから。

Logi Options+導入方法

導入は簡単ですぐにインストールできます。

STEP.1:公式サイトからセットアップをダウンロード
STEP.2:セットアップを起動してドフトをインストール
STEP.3:対応しているLogicool製品を接続。

Logicool Optionsで使ってきた設定はそのまま引き継がれるので、再設定の必要は無し

ソフトさえインストールすればすぐに使うことができます。

「Logi Options+」を使ってみて

設定項目はほとんど変わらない

従来の「Logicool Options」で用意されていた設定項目からほとんど変わっていません。

Logi Options+の設定項目はほとんどかわらない

目新しい設定項目が増えたとか。逆に設定項目が減ったとかはなし。

強いて言えば、Caps lockの切り替え時に通知がでるようになったくらいだが、OSのデフォルトにもあるので特に意味はないです。

シンプルにUIが変わっただけというのが現在の状況です。

今後アップデートしていくと思いますが、現在は従来のものと大差ないです。

ポテイモ

ソフトのテーマカラーは設定可能に

設定項目はほとんど変わらなかったといいましたが、カラーの変更はできるようになりました。

Logi Options+ではテーマカラーが設定可能に

「Logicool Options」の方ではカラーが黒のみだったのに対し、今回からはテーマが3種類に。

  • 使用OSに合わせたテーマ
  • ライトテーマ
  • ダークテーマ
用意されているテーマ
  • 使用OSに合わせたテーマ
  • ライトテーマ
  • ダークテーマ

これまで黒テーマカラーを白にしたかった人には嬉しい追加でしょう。

僕は黒が好きなので、そのままダークにしています。

ポテイモ

Flowの画面間の移動ががスムーズに

Flowの機能「画面間の移動」が以前よりもスムーズになりました。

Logi Options+ではFlowの画面間での移動がスムーズに

「Logicool Options」の方では画面切り替え時に一瞬カーソルが固まって移動

それに比べ、今回はカクつきがなくスムーズに切り替えできます。

ただ、通信の安定性次第でカクついたり、画面間を移動できないことはもちろんあります。

画面間移動のカクつきは少し気になるレベルだったので、Flowをよく使う方にとってはストレスが減るのではないでしょうか。

Logi Optionsで使えた割り当てが一部使用不可に(改善済み)

個人的に一番残念だったのが、従来で使えていたボタン割り当ての機能が使えなくなってしまったことです。

僕がよく使うボタン一つでWindowsの設定に飛んだり、ウィンドウの左右寄せが使用不可に

ソフトがアップデートされたため、従来で使えていたボタン割り当ての機能もしっかり使えるようになりました!

Logi Options+一部の割当が使用不可に

最初はウィンドウの左右寄せが使用できなかったのですが、改善されました!

ポテイモ

まとめ

今回は「Logi Options+」に乗り換えた感想を紹介しました。

主な変更点はUIだけで、それ以外は従来の「Logicool Options」と変わらず。

良くなった点もありますが、個人的にデメリットがまだ強く、おすすめできないものとなっています。

もし、「Logi Options+」に乗り換えたいと考えている方は、今回紹介した点を踏まえて決断していただけると幸いです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright©ポテイモブログ,2022All Rights Reserved.