デスク周りがメインのガジェットブログ
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

【CZUR ET24 Pro】補正技術と高画質カメラによってきれいでスピーディなスキャンができるスキャナーをレビュー

デスク周り
デスク周り

どうも、紙での管理がめんどうで、できればすべてデータ化したいポテイモ(@poteimoblog)です。

資料や本の一部をデータ化したくても、1つ1つスキャナーに入れてスキャンするのはめんどう。あと、時間もかかりますし。

かといって、高速スキャンができるものの、画質がわるくて後から見たとき「なにこれ…..」ってなってしまっては意味がないところ。

こうした問題を解決してくれるのがCZURによるスキャナー「ET24 Pro」。今回はこの「ET24 Pro」をレビューしていきます。

最初に結論
製品の評価:4.5

形による不安定さはあるものの、高画質でざついてもきれいにスキャンできます。しかも、調整技術がありながら、秒でスキャンできる性能を持つ、製品に仕上がっていまよ。

本記事はCZUR様(@CZUR_JPより提供頂いた製品を使用し、「正直に」レビューしております。

「ET24 Pro」について

ここでは「ET24 Pro」の特徴やスペック、外観などを見ていきます。

特徴・スペック

「ET24 Pro」はスキャナー専門せんもんメーカーCZURによる、非破壊型ひはかいがた(本の裁断さいだんがいらない)スキャナーです。

CZUR ET24 Pro
\ タブ切り替えができるよ! /

  • CZUR のフラグシップモデル
  • 「湾曲補正機能」で本を平らにしたり裁断する必要なし
  • 最大 A3 サイズまでスキャン可能
  • 2400 万画素・320dpiのカメラで1秒スキャンが可能
  • 手元を移すサブカメラとしても使える(プレゼンモード)
  • 紙から自動で文字認識ができる OCR 機能搭載
CZUR ET24 Pro
本体サイズ長さ375×幅220×高さ390mm
重量約1.5kg
カメラ性能センサー:Sony製CMOSセンサー
画素数:2400万画素
解像度:5696×4272ピクセル
カラー:24bit DPI:320dpi
ライト性能搭載ライト:トップライト(LED10基)、サイドライト(LED4基)
光量調整:トップライト→2段階、サイドライト→調整不可
対応可能な厚みA3サイズ:35mmまで
A4サイズ:50mmまで
最大現行サイズA3:420×297mm
※両面結合の場合、最大A2まで
対応フォーマット.docx/.xlsx/.pdf/.txt/.tiff/.jpeg
OCR対応言語数187言語
対応OSWindows10/11、macOS10.13以降、Linux
  • USB モード:パソコンに接続し、ソフトを使ったスキャンや、手元カメラとして使うモード。
  • HDMI モード:カメラ映像をモニターやプロジェクターに出力するモード。

本スキャナーはCZURが10年間の技術ぎじゅつを組み込んで作られた製品で、最上位モデルにあたります。

ちなみに、Makuakeでは10月4日まで先行予約販売せんこうよやくはんばい行っておりました。現在はMakuakeでの販売を終了していますが、2023年11月以降に一般販売予定です。

付属品・オプション

「ET24 Pro」の付属品とオプションをそれぞれ紹介していきます。

付属品

「ET24 Pro」の付属品は以下の通りです。合計11個も入っています。

CZUR ET24 Pro 同梱物
付属品
  • スキャナー本体
  • サイドライト
  • フットペダル
  • ハンドボタン
  • 作業マット
  • 電源アダプター
  • 指サック
  • USB ケーブル
  • 変換プラグ
  • インストール CD
  • 説明書

サイドライトは本体後ろに取り付けれるものです。明るく照らし、きれいにスキャンできるよう補助してくれます。

CZUR ET24 Pro サイドライト
CZUR ET24 Pro サイドライト

スキャンするために使うボタンるいはこんな感じ。手で押すタイプと足で押すタイプの 2 種類が用意。

CZUR ET24 Pro フットボタンとハンドボタン

電源アダプターには、日本のプラグに加えて中国やヨーロッパ用のものが入っています。

CZUR ET24 Pro 電源プラグ
CZUR ET24 Pro 電源プラグ

指サックは、スキャン時に自分の指が映らないよう設計せっけいされた形になっています。

CZUR ET24 Pro 指サック
CZUR ET24 Pro 指サック

オプション

「ET24 Pro」にはアシストカバースタジオボックスの2つがオプションとして用意されています。

アシストカバーは、本の表紙のうつみを防いだり、本を固定するためのグッズです。本の表紙のみをはさむようにして使います。

CZUR ET24 Pro アシストカバー
CZUR ET24 Pro アシストカバー

スタジオボックスは、光を均一きんいつにしたり、反射はんしゃかげの映り込みを抑えるグッズで、よりきれいなスキャンができるようになります。ちなみに組み立てが必要。

CZUR ET24 Pro スタジオボックス
CZUR ET24 Pro スタジオボックス
CZUR ET24 Pro スタジオボックス
ちなみにサイズは60×60cmです。

本体の外観

「ET24 Pro」の開封時かいふうじの写真はこちら。本体や付属品それぞれに専用のくぼみがあり、収納しゅうのうされています。すごく丁寧ていねいですね。

ET24 Pro 開封時

スキャナー本体は、オーバーヘッド型で、卓上たくじょうライトのような見た目になっています。色が黒一色で、とてもシンプルになっていますね。

CZUR ET24 Pro
CZUR ET24 Pro
CZUR ET24 Pro
CZUR ET24 Pro

ライトの先頭部分にはプレビュー用の液晶えいきしょう搭載とうさい。どんな感じに映っているかを確認しながらスキャンできます。

スタンド部分には操作ボタンと接続用端子せつぞくようたんしがあります。ちなみに操作ボタンのうち、拡大縮小かくだいしゅくしょうボタンは HDMI 接続時にのみ使えます。

CZUR ET24 Pro
CZUR ET24 Pro

↑目次へ戻る

「ET24 Pro」の使い方

「ET24 Pro」の使い方をセットアップ・スキャン方法・編集方法の 3 つに分けて紹介していきます。

セットアップ方法

本スキャナーを使えるようにするためのセットアップ方法を紹介します。ちなみに、ここではUSBモードでのセットアップ方法になります。

セットアップの手順
  • 手順1
    スキャナー本体に、電源アダプターとパソコンを接続。

    ※ハンドボタンまたはフットボタンも接続しておきましょう。

    CZUR ET24 Pro
  • 手順2
    公式サイトからソフトのインストーラーをダウンロード
    CZUR ET24 Pro 公式サイト
  • 手順3
    インストーラーを起動し、ソフトをインストール

    ※ライセンスキーを求められますが、スキャナー本体のうらにあります。

    CZURスキャナーソフト
  • 手順4
    ソフトをインストールできたら、スキャナー本体の電源をオン。
    CZUR ET24 Pro

これで本スキャナーが使えるようになります。スキャナーをパソコンに接続、ソフトをインストールするだけなので簡単ですね。

スキャン方法

実際に本スキャナーで、資料しりょうや本をスキャンする方法は以下の通り。

スキャンの手順
  • 手順1
    「CZURスキャナー」ソフトを起動。
    CZURスキャンソフト
  • 手順2
    上のタブを「スキャナ」にし、右下のスキャンマークをクリック。
    CZURスキャンソフト
  • 手順3
    右メニューにある「カラーモード」と「ページ処理しょり方法」を選ぶ。

    ※スキャンするものに合わせて選択しましょう。

    CZURスキャンソフト
  • 手順4
    スキャンボタンを押して、スキャンする。

    ※手元や足のボタンを押してでもスキャンできます。

    CZURスキャンソフト

これでスキャンが完了です。ソフトを起動きどうしてスキャン画面に移動いどうすれば、すぐにスキャンできちゃいます。

ちなみに以下がスキャンした画像です(スクロールできます)。拡大するとわかりますが、このタイプのスキャナーにしてはかなりきれいですね。

編集・出力方法

スキャンが完了した後は編集へんしゅうやデータの出力が必要です。その方法が以下の通り。

編集・出力の手順
  • 手順1
    スキャン画面の右上にある「戻る」を押す。
    CZURスキャンソフト
  • 手順2
    画面右にスキャンデータを選べるので、編集したいデータを選ぶ。
    CZURスキャンソフト
  • 手順3
    左または下のメニューから好みの編集方法を選び、データをする。
    CZURスキャンソフト
  • 手順4
    左メニューの「エクスポート」から、データの出力形式を選び、出力する。
    CZURスキャンソフト

これで、スキャンから出力までが完了です。特にむずかしい操作もないので、すぐにれますよ。

↑目次へ戻る

「ET24 Pro」のメリット

実際に「ET24 Pro」を使って感じたメリットを4つ紹介します。

他スキャナーに比べて設置が気軽

他のスキャナーは「設置」するのに対し、本スキャナーは「置く」と表現するのが正しいくらい気軽。

CZUE ET24 Pro

1.5Kg の軽いスキャナースキャン用マットけば準備終わり。力もいらず、少しスペースを確保かくほするだけですね。

ちなみに、「本体を置けてもマットを置くスペースがない!」って方はダンボールや板をと設置できますよ。

CZUE ET24 Pro

雑に置いてもスキャンできる

資料や本をスキャン用マットにさえ置ければ、置き方がざつでもしっかりスキャンしてくれます。

CZUE ET24 Pro
傾いてるわ、平らじゃないわでかなり雑に置いてみた(下にスキャンデータがあります)。

ゆがみの補正ほせいかたむきの修正、けた部分の補完ほかんなど、ソフトがわがいろいろ調整ちょうせいしてくれるんですよね。おかげでほんとうにラク。

ポテイモ
ポテイモ

しかも、調整があってもスキャン速度がおそくなることはなし。秒でスキャンできる!

フットペダルが絶妙に便利

ページを開いたりで手がふさがっていても、フットペダルでスキャンできるのが便利。あと、手でボタンを押しに行かなくともスキャンできるのもメリット。

CZUE ET24 Pro フットボタン

しかも、フットペダル自体はコンパクトで邪魔じゃまにならないし、それでいて踏みにくいということも無いんですよね。

ポテイモ
ポテイモ

「最初はボタンでいいだろ」って思ってたら、意外と便利だった笑

暗い場所でも光を確保できる

スキャナー本体とサイドライトの2段構だんがまによって、くらい場所でも十分スキャンできるんですよね。

CZUE ET24 Pro

別のライトを設置する必要もなく、スキャナーの光で完結かんけつできるのでラクですね。

ポテイモ
ポテイモ

もしもっと明るくしたい場合は、オプションのスタジオボックスを用意するのがおすすめ!

↑目次へ戻る

「ET24 Pro」のデメリット

実際に「ET24 Pro」を使って感じたデメリットを3つ紹介します。

USBケーブルが短い

USBケーブルの長さが1mちょっとなので、みじかいです。パソコンとスキャナーが少しでもはなれていると、とどかない場合もあります。

CZUE ET24 Pro USBケーブル

僕の場合、パソコンとスキャナーの距離きょりがある上、電動昇降でんどうしょうこうデスクなので、ケーブルの長さに余裕よゆうがないんですよね。

ケーブルはプリンターに使われる USB TypeA to B のものなので、長さがりない方は用意よういするのがおすすめ。

サイドライトの磁力が弱い

サイドライトは着脱式ちゃくだつなのですが、磁力じりょくがそこまで強くなくゆる。手が少し当たるだけでちてしまうこともあります。

CZUE ET24 Pro

さすがにれるだけでは落ちませんが、もう少し磁力が強かったらなと思いましたね。

ポテイモ
ポテイモ

サイドライトのけ部分にテープなどをつけると安心かな

バランスは少し悪い

オーバーヘッド型という形のため、バランスが少しわるいです。普通に置いている分にはまったく問題ないのですが、れると心配になりますね。

CZUE ET24 Pro

というのも、重心じゅうしんが前のめりになっている上、本体自体も軽いので、どうしてもバランスが悪くなってしまいます。

すべり止めマットなど、本体がなるべく動かないようにするのが良いでしょう。

↑目次へ戻る

お手軽モデル「Lens Pro」との比較

CZURのフラグシップモデル「ET24 Pro」と、お手軽てがるなモデル「Lens Pro」との比較を紹介していきます。

スペックの違い

「ET24 Pro」と「Lens Pro」のスペックは以下の通り。全部だと多いので、重要な箇所かしょをピックアップしています。

CZUE ET24 ProとLens Pro
ET24 ProLens Pro
サイズ長さ375×幅220×高さ390mm長さ7.85×幅10.5×高さ35.2 cm
重量約1.5kg約0.4kg
画素数2400万画素1,200万画素
解像度5696×4272ピクセル3968×2976ピクセル
イメージセンサーSONY製CMOSCMOS
スキャンスピード1秒1秒
ライトトップライト、サイドライトトップライト
機能傾き補正、マルチターゲティング、補完機能、OCR、本の自動分割湾曲補正機能2つのモード傾き補正、マルチターゲティング、補完機能、OCR

サイズ・ビジュアルの違い

サイズ・ビジュアルのちがいはこんな感じ。「ET24 Pro」は完全なえ置きサイズなのに対し、「Lens Pro」は小柄こがらでコンパクト設計

CZUE ET24 ProとLens Pro

「ET24 Pro」もスキャナーにしてはだいぶコンパクトですが、「Lens Pro」と比べるとゴツくみえてしまいますね笑

CZUE ET24 ProとLens Pro

スキャン画質の違い

スキャンした時の画質はこんな感じに違います。スキャンする対象たいしょうは違いますが、両方とも光沢こうたくのあるスキャンしにくいものです。

ET24Pro
LensPro

Webサイトに写真をせると劣化れっかするものの、明らかにあらさがちがいますよね。「Lens Pro」の場合は白飛びしてしまっています。

おすすめする人の違い

「ET24 Pro」と「Lens Pro」のそれぞれのおすすめな人は以下の通り。

それぞれのおすすめする人
  • ET24 Pro頻繁ひんぱんに資料や領収書りょうしゅうしょをスキャンしたり、スピード感のあるスキャンをしたい事業者
  • Lens Pro:使うときにのみ出したり、移動先いどうさきで使う用のスキャナーが欲しい人

「ET24 Pro」は本格的ほんかくてきにスキャナーを運用うんようする事業者向じぎょうしゃむきで、「Lens Pro」はとりあえずスキャナーを持っておきたい一般向いっぱんむけな印象いんしょう

ポテイモ
ポテイモ

性能やコンセプトが違うので、自分に合わせて選ぼう!

↑目次へ戻る

まとめ

本記事では、CZURのフラグシップモデルである「ET24 Pro」をレビューしました。

CZUE ET24 Pro

ざつに置いてスキャンしただけなのに、かたむきとゆがみを直しながら高画質にデータ化してくれるスキャナーでした。

スキャナーを運用する事業者や、資料などを頻繁ひんぱんにデータ化する方は、「ET24 Pro」を検討けんとうしてみてはいかがでしょうか。

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました