デスク周りがメインのガジェットブログ
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

【FIFINE AmpliGame A8】安い・クリア・簡単の三拍子がそろったコンデンサーマイクをレビュー

オーディオ関連
オーディオ関連

どうも、リモート会議でコンデンサーマイクを使うポテイモ(@poteimoblog)です。

リモート会議やボイスチャットなどでは、声がこもっていると、相手がうまく聞き取れずにへんな空気になってしまいます。

そうならないためにも、自分の声をクリアに届けるべくマイクが欲しくなってきます。

ただ、マイクにはくわしくないから誰でもあつかええるものが欲しいですし、かといってある程度クリアなものを、なるべく安価あんかで手に入れたいところ。

そんなよくばりをたしてくれるマイクが「FIFINE AmpliGame A8」。本記事ではこの「FIFINE AmpliGame A8」をレビューします。

最初に結論
製品の評価:4.5

8000円という安さながら、クリアな音質を届けられる上、接続も簡単なマイクになっています。個人的にリモートワークやボイスチャット用ならコレ!なマイクですね。

本記事はFIFINE様(@fifinejpより提供頂いた製品を使用し、「正直に」レビューしております。

「FIFINE AmpliGame A8」について

ここでは「FIFINE AmpliGame A8」の特徴やスペック、外観などを見ていきます。

スペック

「FIFINE AmpliGame A8」はオーディオ専門メーカーFIFINEによるコンデンサーマイクです。

FIFINE AmpliGame A8
FIFINE AmpliGame A8
マイクタイプコンデンサーマイク
指向性単一指向性(カーディオイド)
接続端子USB Type-A
消費電力USB 5V電源
周波数応答50Hz~20kHz
マイク感度-40±3dB

単一指向性たんいつしこうせいで、ゲームや配信で使う人を想定した製品となっています。ようは1人でしゃべる状況じょうきょうを想定したマイクですね。

ちなみに、WindowsやMacなどPCだけでなく、PS4/PS5のゲーム機器ききにも対応しています。

付属品・外観

「FIFINE AmpliGame A8」は以下のとおり。マイクに必要なもの一式いっしきがそろっていますね。

FIFINE AmpliGame A8 同梱物
付属品
  • マイク本体
  • モニターアーム用ネジ
  • 接続ケーブル Type-C to A
  • ポップガード
  • マイクスタンド

見た目はシンプルなコンデンサーマイク。黒一色で、形も少しゲーミング感があるくらいで結構シンプル。

FIFINE AmpliGame A8
FIFINE AmpliGame A8
FIFINE AmpliGame A8
FIFINE AmpliGame A8

ショックマウントと一体になっており、常に振動しんどうから守られている状態になっています。

ちなみに、マイク正面のポップガードは左右に動かせます。しゃべる位置に合わせて変えるのがいいですね。

FIFINE AmpliGame A8
FIFINE AmpliGame A8

↑目次へ戻る

「FIFINE AmpliGame A8」の特徴

「FIFINE AmpliGame A8」の特徴を1つずつ写真付きで紹介していきます。

4種類のRGBライティング

本マイクには4種類のライティングモードがあります。単色系2種類+多色系2種類ですね。

各モードについて
  • 単色モード:単色で光るモード。全部で7色が用意されています。
  • 単色グラデーションモード:色が1つずつグラデーションで光るモード。7色で1週になります。
  • 多色モード:上下2色が組み合わさって光るモード。6パターン用意されています。
  • 多色グラデーションモード:上下2色の計7パターンが、1つずつグラデーションで光るモード。6パターンで1週になります。

ちなみに、単色モードでは電源をオフにしても、色の設定を記憶してくれます。つまり、赤色に設定したら、次に電源を付けたときも赤色に光ってくれるわけですね。

単一指向性(カーディオイド)のマイク

本マイクは単一指向性たんいつしこうせいのマイクになっています。正面からの音をひろいやすいのが特徴とくちょうになっています。

FIFINE AmpliGame A8

自分の声をメインに拾ってくれるため、リモート会議やボイスチャットなど、自分しかしゃべらない環境かんきょうで効果を発揮はっきしますよ。

ポテイモ
ポテイモ

余計な音を拾うのを抑えてくれるので、自分の声をしっかり届けられる!

USB Type-Aで接続できる

マイクの専用端子せんようたんしやケーブルは必要なく、パソコンによくあるType-Aで接続できちゃいます。

FIFINE AmpliGame A8

マイクのことがほとんどわからない方でも、とりあえずType-A端子たんしに差し込めれば使えるんですよね。マジで簡単。

その他便利な機能も搭載

これまで紹介した特徴とくちょう以外にも以下の機能があります。必要な機能をしっかりそなえていますね。

FIFINE AmpliGame A8
その他機能
  • ゲイン調整(拾ってくれる音量調整)
  • タッチ式ミュート機能
  • モニタリング機能(自分の声が聞こえる機能)

↑目次へ戻る

「FIFINE AmpliGame A8」のセットアップ方法

「FIFINE AmpliGame A8」のセットアップ方法は2ステップ。マイクにパーツを取り付けて、デバイスにUSBでつなぐだけ。

セットアップ手順
  • 手順1
    マイクにパーツ(ポップガード)を取り付ける
    FIFINE AmpliGame A8
  • 手順2
    マイクとデバイス(PCやゲーム機)をUSBケーブルでつなぐ
    FIFINE AmpliGame A8

これだけで設定完了。場合によってはデバイス側で設定が必要ですが、基本的にはこの2パターンで終わり。ね、簡単でしょ?

ポテイモ
ポテイモ

マイクに詳しくない僕でもすぐにセットアップできた!

↑目次へ戻る

「FIFINE AmpliGame A8」と他社マイクの音質を比較

本マイクの音質を他社マイクである「HyperX QuadCast」と比較してみました。
以下がそれぞれのマイクで収録した音声です。

FIFINE AmpliGame A8とHyperX QuadCast
FIFINE AmpliGame A8の音質
HyperX QuadCastの音質

音質のクリアさに関しては、2倍の値段である「HyperX QuadCast」に匹敵ひってきするレベル。会議やボイスチャットでは十分すぎるスペックですね。

さすがに声のあつみでは負けますが、8000円でこのクリアさを出せるのはすごい。しかもこれ、動いているエアコンの真下ました録音ろくおんしてるんですよ……!

↑目次へ戻る

「FIFINE AmpliGame A8」のメリット・デメリット

実際に「FIFINE AmpliGame A8」を使って感じたメリット・デメリットを4つ紹介します。

別途パーツを買う必要がない

本マイクには、マイクを使う上で必要なポップガードやショックマウント、スタンドが一式で用意されています。

FIFINE AmpliGame A8

そのため、「マイクを買ったら、今度はこのパーツも探して買わなきゃ…」みたいな面倒なこともなし。

本マイクを選ぶだけで、マイク選びは完了だよ!

ソフトがなく気軽に扱える

「製品の設定はソフトでやる」という製品が多いですが、本マイクではそれがなく、接続すればすぐに使えます

FIFINE AmpliGame A8

ソフトが必要だと、ダウンロードもそうですが、管理も面倒めんどう。もし製品を使わなくなったらアンインストールもありますし。

でも本製品にはソフトがないので、マジで面倒な作業さぎょうが発生しないですよ。

軽くて動かしやすい

マイク一式の重さが約430gと、片手で簡単かんたんに持てる重さになっています。’一式で’ですよ。

FIFINE AmpliGame A8の重さは約430g

卓上たくじょうマイクはデスク上でよく動かすので、軽いのは結構ありがたいですね。使うときは自分の近くに置き、使わないときはデスクのはしっこに置けるので。

FIFINE AmpliGame A8

モニタリング機能のオフができない

本マイクではモニタリング機能があるのですが、この機能をオフにできないんですよね。

FIFINE AmpliGame A8
モニタリング機能とは

モニタリング機能とは、マイクのオーディオ端子たんしにイヤホンを差すと、自分の声も聞こえるようになる機能。自分の声や楽器の音を効きたい時に有効ゆうこうです。

ボイスチャットなど自分の声を聞く必要がないときもあるため、個人的にオフにする機能はしかったです。

↑目次へ戻る

「FIFINE AmpliGame A8」に関するQ&A

ここでは「FIFINE AmpliGame A8」に関するQ&Aをまとめています。

Q
「FIFINE AmpliGame A8」はどんな人におすすめですか?
A

リモート会議やボイスチャットにて、とくにかく自分の声をクリアに届けたい方です。マイクに詳しくなくともすぐに気軽に扱える上、音質もクリアなのが理由ですね。

Q
「FIFINE AmpliGame A8」以外に揃える必要なものはありますか?
A

ありません。ケーブルやスタンド、ポップガードなど必要なものは付属品に全部あります。ただ、めっちゃ音質を良くしたい!ってなるとアンプやミキサーが必要になります。

Q
マイクアームへの取り付けはできますか?
A

できます。マイクスタンドからマイクを取り外し、付属のマイクアーム用ネジを使えばすぐに取り付けできちゃいます。

↑目次へ戻る

まとめ

本記事では、USBコンデンサーマイクである「FIFINE AmpliGame A8」をレビューしました。

FIFINE AmpliGame A8
FIFINE AmpliGame A8での音声です

もしリモート会議やボイスチャット用のマイクを探している方は、チェックしてみるといいですよ。

ちなみに、公式の販売ページは以下のボタンからいけます。英語のサイトですが、保障などを確実に受けたいという方は公式サイトで買うのがおすすめ。

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました