ノートPC作業をちょっとラクにするブログ
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

【LISAMER】仕事でも使えるスクエア型の一体型AppleWatchケースをレビュー

その他製品レビュー
その他製品レビュー

こんにちは、職場にAppleWatchを着けていっているポテイモ(@poteimoblog)です。

これまで使ってきたケースが割れてしまったので、ケースを新調することにしました。

フレームが割れてフィルムも飛んでった……笑(BARIOUS BARIGUARD3

ただ、同じようなのを選ぶのは面白くないので、いままではAppleWatchの見た目を活かしたケースであったのに対し、少し形を変えるケースを探すことに。

そして、AppleWatchの見た目を変えつつも、会社でも使えるケースはないかなあとAmazonで見ていたら「LISAMER AppleWatchケース」を発見したので購入。

AppleWatchをかっこいいスクエア型に変えながら、ちゃんとビジネスシーンでも使えるケースに仕上がっていますので、ぜひレビューしていきます。

この記事を読んでわかること
  • 「LISAMER AppleWatchケース」の特徴・スペック・外観
  • 「LISAMER AppleWatchケース」のメリット・デメリット
  • 「LISAMER AppleWatchケース」がおすすめな人・そうでない人

「LISAMER AppleWatchケース」の概要

「LISAMER AppleWatchケース」の特徴やスペック、外観など基本情報を紹介します。

特徴

「LISAMER AppleWacthケース」はガラスフィルムと一体になった表面と側面を覆うタイプのケースです。

LISAMER AppleWatchケース
製品の特徴
  • スクエア型のケース
  • 9Hの強化ガラスフィルムを採用
  • 防水・耐衝撃・飛散防止設計

カラーバリエーションは5種類、サイズはバリエーションは40/41/44/45の4種類があります。

もし購入する際はカラーやサイズに気を付けて選びましょう。

スペック

LISAMER AppleWatchケース
価格1,499円
素材PC(ポリカーボネート)
ガラスフィルム硬度9H(ナイフに当たっても大丈夫なレベル)
重さ約3g(ポテイモ調べ)
対応世代(サイズ)Series 8//7/6/5/4・SE/SE2(40/41/44/45mm)
カラーバリエーションブラック・クリア・シルバー・スターライト・ピンク

同梱物

「LISAMER AppleWatchケース」に同梱されているものはこんな感じ。

LISAMER AppleWatchケース 同梱物
同梱物
  • ケース本体
  • ホコリ取りシール
  • アルコール&拭き取り用シート
  • サンクスカード

外観

四角くて角の丸まったスクエア型になっており、かっこよさとやわらかさの両方を感じます。

LISAMER AppleWatchケース

ケース側面は光沢がなく、触ってみると硬めのラバーのような感じで少しやわらかみがありますね。

LISAMER AppleWatchケース

表面のガラスフィルムはグレア(光沢)タイプになっています。

LISAMER AppleWatchケース

フィルムをよくみると、空気が入って画面が滲む現象(グレア現象)を防ぐため、ドット加工が施されています。

LISAMER AppleWatchケース

AppleWatchに着けてみると、丸いデザインから一転して、少し角ばったデザインになりました。

LISAMER AppleWatchケース 着ける前
着ける前
LISAMER AppleWatchケース 着けた後
着けた後

↑目次へ戻る

「LISAMER AppleWatchケース」の防水チェック

「LISAMER AppleWatchケース」の防水性能を確かめるため実際に検証してみたので、紹介していきます。

LISAMER AppleWatchケース

検証は「流水を直接当てる」「桶に水を溜めて沈める」の2種類の方法でやったので、それぞれで見ていきましょう。

流水を直接当てる

ケースを着けたAppleWatchの表面・側面・裏面に流水を思いっきり流水を当てて見ることに。

LISAMER AppleWatchケース
LISAMER AppleWatchケース

結果、何回か当てたにもかかわらずほとんど水が入らないという、かなりの防水性能を見せてくれました。

LISAMER AppleWatchケース

ただ、ケースのはめ込み具合が少しでもゆるいと小さな水滴が入り込んでしまうことに注意。

ポテイモ
ポテイモ

ケースがちゃんとはまっているか確認しよう!

桶に水を溜めて沈める

桶にAppleWatchがしっかり浸かるまで水を溜めて、ケースを着けた状態のAppleWatchを沈めてみました。

LISAMER AppleWatchケース

数分間沈めた後に取り出したところ、ケースに水が入らなかったという結果に。

LISAMER AppleWatchケース

水の中に沈めてもケースに水が入るのを防げるのはすごいですね。

↑目次へ戻る

「LISAMER AppleWatchケース」のメリット

「LISAMER AppleWatchケース」のメリットは以下の4つです。

スクエア型でかっこいい

本ケースを着けることで、丸い印象の強いAppleWatchを四角寄りのかっこいいデザインに変えられます。

LISAMER AppleWatchケース

かといって思いっきりデザインを変えるわけではなく、ちゃんとAppleWatchらしさを残せているんですよね。

マットな質感で落ち着いたデザインになっているため、かっこいいながらもちゃんとビジネスシーンで使えますよ。

LISAMER AppleWatchケース
ポテイモ
ポテイモ

実際、僕はこのケースを着けて出社しているよ

ゴツそうに見えてめっちゃ軽い

スクエア型ということもあり、見た目がごつくなって重そうな印象を持つと思いますが、全然重くないんですよね。

LISAMER AppleWatchケース

実際にケースの重さを量ってみたところ、なんと約3gとめっちゃ軽め。

LISAMER AppleWatchケース

実際に腕に着け使っても重いと感じることはありませんでした。腕をスイスイ振れますね。

ポテイモ
ポテイモ

これまで使ってきたケースよりも重くなるかなと思ってたけど、全然そうじゃなかった!

操作感度がいい

本ケースを着けた状態でも、ケースを着けていない状態と同じ感度で画面を操作できます。

LISAMER AppleWatchケース

前使っていたケースはまれに反応しないことがあったのですが、本ケースではちゃんと反応してくれますね。

1回でも反応しないことがあるとストレスになるので、しっかり拾ってくれるのはありがたい。

ケースが簡単に外せる

ケースがほ~んのちょっとしなってくれるおかげで、持ち上げるだけで簡単に外せます。

LISAMER AppleWatchケース

防水性や外れにくいようにするため、取れにくいようになっているケースが多いんですよね。でも本ケースは防水性も外れにくさもありながら取り外しは簡単

たまにケースを外して手入れもするので、外しやすさは案外重要なんですよね。

↑目次へ戻る

「LISAMER AppleWatchケース」のデメリット

「LISAMER AppleWatchケース」のデメリットは以下の2つです。

デジタルクラウンが少し回しにくい

本ケースはデジタルクラウンの周りをしっかり覆うため、つまんで回すことができなくなります。

LISAMER AppleWatchケース

そのため、もしデジタルクラウンを回す際は指の腹で撫でるように回す必要があります。

LISAMER AppleWatchケース

ただ、多くのAppleWatchケースも同じようにデジタルクラウンを覆うので、このケースに限った話しではないですね。

AppleWatch Ultra用はない

本ケースはSeries8・SE2世代までのバリエーションに対応していますが、Ultra用はないんですよね。

LISAMER AppleWatchケース

そのため、Ultraを持っている人は残念ながら本製品は諦める必要があります……。

ただ、似たようなUltra用のケースはあるのでリンクを載っけておきますね。

↑目次へ戻る

おすすめできる方とそうでない方

「LISAMER AppleWatchケース」をおすすめできる人とそうでない人は以下の通りです。

おすすめできる方
おすすめできない方
  • ビジネスの場面で使う人
  • AppleWatchの見た目をスクエア型に変えたい人
  • 防水・衝撃設計のケースが欲しい人
  • 派手な見た目にしたい人

特におすすめするのは、ビジネスシーンでも問題ない範囲で、AppleWatchの見た目を変えたい人です。

↑目次へ戻る

まとめ

この記事では「LISAMER AppleWatchケース」について紹介しました。

LISAMER AppleWatchケース

AppleWatchの見た目を角ばったものに変えることができながら、マットで落ち着いたデザインになっているため、ビジネスシーンでもちゃんと使える製品に仕上がっています。

防水・衝撃・ガラスフィルムの硬さも備わっているといった、機能性も持ち合わせているケースですね。

僕の場合、会社につけていっていますが全然問題なく、AppleWatchをかっこよくしてくれているのでかなり気に入っていますね。

もし、ビジネスシーンでも使えるケースの内、AppleWatchの見た目を変える製品が欲しい人はチェック!

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました