ノートPC作業をちょっとラクにするブログ
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

【LVFAN AppleWatch充電器】Type-CとA端子がある持ち運び用AppleWatch充電器をレビュー

その他製品レビュー
その他製品レビュー

こんにちは、AppleWatchSEを普段から使っているポテイモ(@poteimoblog)です。

AppleWatchの充電が無くなってきたり充電するのを忘れた時を考えて、AppleWatch充電器は常に持ち運んできたいですよね。

また、モバイルバッテリーの差込口をスマホの充電で使っていることも考えて、端子が2種類あるAppleWatch充電器の用意しておきたいところ。

こうした持ち運び設計と端子が2種類という条件を満たしているのが「LVFAN AppleWatch充電器」

この記事を読んでわかること
  • 「LVFAN AppleWatch充電器」の特徴・スペック・外観
  • 「LVFAN AppleWatch充電器」のメリット・デメリット
  • 「LVFAN AppleWatch充電器」がおすすめな人・そうでない人

小さなポケットに入るレベルの小型設計で、充電速度も十分な充電器に仕上がっています。

「LVFAN AppleWatch充電器」の概要

「LVFAN AppleWatch充電器」の特徴やスペック、外観など基本情報を紹介します。

特徴

「LVFAN AppleWatch充電器」は最大3W出力の2in1型AppleWatch充電器です。

LVFAN AppleWatch充電器
製品の特徴
  • USB Tpe-AとType-Cの両方を搭載
  • あらゆるシリーズのAppleWatchに対応
  • ケーブル不要の充電器

カラーバリエーションはブラック(今回)・ピンク・ホワイトの3種類があります。

スペック

LVFAN AppleWatch充電器
サイズ 縦91.2×横33×厚さ9.5mm
入力 DC 5V/1A
出力 最大3W
対応機種 Ultra/8/7/6/5/4/3/2/1/SE(38mm 40mm 41mm 42mm 44mm 45mm)
同梱物 AppleWatch充電器本体/説明書

外観

表面はツヤ消しされた単色で、アクセントのない超シンプルなデザインです。

LVFAN AppleWatch充電器 表
LVFAN AppleWatch充電器 裏

両端にはフタがあり、外すと充電器への接続端子が現れます。

LVFAN AppleWatch充電器

フタはゴム製で、端子を守れるようガードのようなものが付いています。

LVFAN AppleWatch充電器

本体のサイズは91.2×33×9.5mmで、重さは約19gと小型設計。

LVFAN AppleWatch充電器

↑目次へ戻る

「LVFAN AppleWatch充電器」の充電速度

本機をBaseusのモバイルバッテリーに接続し、AppleWatch SEを充電してみました。

LVFAN AppleWatch充電器

開始33%から満タンまで充電するのに掛かった時間は以下の通りです。

充電時間バッテリー残量
開始33%
30分64%
1時間93%
1時間15分100%

本機は最大3W出力なので5Wである純正の充電器より時間がかかると思っていましたが、普通に速く充電できました。

この速度なら電車で移動している時やちょっとした待ち時間でも割と充電できますね。

↑目次へ戻る

「LVFAN AppleWatch充電器」の使用感レビュー

「LVFAN AppleWatch充電器」の使用感は以下の5つです。

小さなポケットにも入るサイズ

本体が手のひらサイズで薄型なので、カバンのちょっとしたポケット荷物同士の隙間に入れることができます。

LVFAN AppleWatch充電器

小型なのに加えて、ケーブルがないおかげでスッと収納しやすく、取り出す時も他の荷物に引っかかりにくいんですよね。

LVFAN AppleWatch充電器
ポテイモ
ポテイモ

荷物にもならないので、AppleWatch充電器をお守り的に持ち運ぶ僕にとってありがたい!

フタを無くしにくい

フタがひもでつながっているため、どっかに置いたまま忘れたり、落として無くしてしまうことがありません。

LVFAN AppleWatch充電器

また、フタが本体とつながっているおかげで無くさないように管理する必要もなく、雑にぶら下げておくだけでも問題なし。

ポテイモ
ポテイモ

ひもは強く引っ張るとちぎれる可能性があるのには注意だよ!

USB充電器に差しても本体が垂れない

横向きでUSB充電器につなげても、本体の重さで垂れることなくしっかり給電できます。

LVFAN AppleWatch充電器

本体が軽いおかげで横向きにつなげても垂直に保つことができ、端子への負担も少なく済んでいるんですよね。

いちいち本機を接地させたり、持ち上げながら使う必要がないので気楽に使用できますよ。

本体は暖かくなる程度

1時間ちょっと使用した時点では本体が温かくなる程度で、熱いと感じることはありませんでした。

LVFAN AppleWatch充電器

長時間使い続ければ熱くなる可能性はありますが、その前にAppleWatchの充電が完了するので気にする必要はないですね。

高速充電には非対応

本機はAppleWatch7/8/Ultraの高速充電には対応していません。高速充電のできる機種が欲しい人は注意が必要。

LVFAN AppleWatch充電器

ただ、本機の充電速度は普通に速く、他のAppleWatchでも最長2時間で完全充電できるので、よほど時間にこだわる人でなければ問題ないでしょう。

ポテイモ
ポテイモ

そもそもAppleWatchSEを使っている僕には関係ないんですがね。

↑目次へ戻る

Apple純正ケーブルとの違い

LVFAN AppleWatch充電器

「LVFAN AppleWatch充電器」とApple純正ケーブルの違いは以下の通り。

Apple純正ケーブルLVFAN 充電器
サイズ縦27mm×横27mm×厚さ6mm
+1mケーブル
縦91.2×横33×厚さ9.5mm
重さ約29g約19g
出力最大5W最大3W
端子Type-CとType-Aのどちらか1つType-CとType-Aの両方
高速充電対応非対応

出力や高速充電といった充電速度の面では純正に劣りますが、それ以外は「LVFAN AppleWatch充電器」に軍配が上がってますね。

また、磁力についてはほとんど同じで、どちらもAppleWatchにしっかりくっつけた状態で充電できます。

↑目次へ戻る

「LVFAN AppleWatch充電器」の使用シーン

「LVFAN AppleWatch充電器」の使用シーンを3つ挙げてみました。

モバイルバッテリーに接続

移動中で本機をモバイルバッテリーに差して使うシーンです。

LVFAN AppleWatch充電器

USB充電器に接続

家や宿泊先で本機をUSB充電器に接続して使うシーンです。

LVFAN AppleWatch充電器

ノートPCに接続

ノートPCに本機を差して、作業の合間にAppleWatchを充電するシーンです。

LVFAN AppleWatch充電器

↑目次へ戻る

おすすめできる方とそうでない方

「LVFAN AppleWatch充電器」をおすすめできる人とそうでない人は以下の通りです。

おすすめできる方
おすすめできない方
  • AppleWatch充電器を持ち歩きたい人
  • Type-CとType-Aの両方があるAppleWatch充電器が欲しい人
  • 直差しタイプのAppleWatch充電器が欲しい人
  • フタを無くしにくいAppleWatch充電器がいい人
  • 高速充電対応のAppleWatch充電器が欲しい人
  • ケーブル付きのAppleWatchが欲しい人

特におすすめするのは、持ち運び用でType-AとCの両方があるAppleWatch充電器が欲しい人です。

↑目次へ戻る

まとめ

LVFAN AppleWatch充電器

今回は「LVFAN AppleWatch充電器」について紹介しました。

小さなポケットや荷物同士の隙間に忍ばせることができるので、ちょっとしたカバンにも常備しやすい充電器と感じましたね。

高速充電ができないという点はありますが、AppleWatchSEを使っている僕には関係なく、そもそもの充電速度も良いので気にならないんですよね。

2種類の端子を持つ持ち運び用のAppleWatch充電器を探している人はぜひチェックしてみてください。

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました