デスク周りがメインのガジェットブログ
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

【Anker 511 Charger】超コンパクトながら30W出力のできるUSB-C充電器をレビュー

充電器・モバイルバッテリー
充電器・モバイルバッテリー

どうも、普段充電器を持ち歩いているポテイモ(@poteimoblog)です。

お出かけ先で充電できる場所へ行けたときのために、USB充電器は持っておきたいところ。

ただ、つねに持ち歩くものだし、使用頻度しようひんどもそこまで高くないので、ポート数や性能よりもコンパクトなものが良いところ。

そんな用途ようとにおすすめなのが「Anker 511 Charger」。本記事ではこの充電器をレビューしていきます。

ポテイモ
ポテイモ

今回の個人的な製品評価は

4.5だよ!

「Anker 511 Charger」のスペック・特徴

「Anker 511 Charger」はUSB PD充電に対応した最大30W出力の充電器です。

Anker 511 Charger
\ タブ切り替えができるよ! /

  • 温度を計測けいそく制御せいぎょするActiveShield™️ 2.0搭載とうさい
  • 一般的な30W充電器よりも約70%小型化
  • スマホからノートPCまで幅広い機器に対応
  • 日本語カスタマーサポートや24か月保証で安心
Anker 511 Charger
サイズ約36 x 29 x 29mm (プラグ部を含まない)
重量約40g
ポート数1つ(Type-C)
入力100-240V~1.0A 50-60Hz
出力5.0V=3.0A / 9.0V=3.0A / 15.0V=2.0A / 20.0V=1.5A (最大 30W)
PPS出力: 3.3-11.0V=3.0A / 3.3-16.0V=2.0A (MAX 30W)
カラーブラック/ホワイト/ブルー/パープル/グリーン

よくある5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できる製品となっています。

カラーは5色で、充電器にしては多めに展開てんかいされています。

↑目次へ戻る

「Anker 511 Charger」の開封・外観レビュー

「Anker 511 Charger」を開封した時の状況と、本体の外観をレビューしていきます。

項目

開封

パッケージはほどよく情報をつめ込んだものになっています。開けるとすぐに充電器が顔を出しますよ。

Anker 511 Charger
Anker 511 Charger

付属品は以下のとおり。ほとんど充電器本体のみですね。

Anker 511 Charger
付属品
  • USB充電器本体
  • 簡易説明書
  • 安全に使うための説明書

外観

本体は角丸で装飾の少ないシンプルなデザインになっています。

Anker 511 Charger

正面は不透明ふとうめいの白いプラスチックで、デザインのアクセントに。他の部分と比べて少しサラサラしてます。

Anker 511 Charger

ちなみにななめめから見るとAnkerやIQの文字が見えます。いい感じに反射してますね。

Anker 511 Charger

プラグはりたためるようになっています。

Anker 511 Charger
Anker 511 Charger

↑目次へ戻る

「Anker 511 Charger」の充電検証

「Anker 511 Charger」の充電性能を充電時の出力と充電速度の2つから見ていきます。

充電時の出力

iPhone13 ProとiPad Pro 11(2021)を充電して出力を計測したところ以下のとおりに。ちなみに急速充電中での計測です。

Anker 511 Charger
Anker 511 Charger
デバイス充電W数
iPhone約12W~18W
iPad約24~27W

どちらとも急速充電できており、それぞれで理論値ギリギリまででていました。

制御装置せいぎょそうちによって出力がその時々で変わったりしますが、急速充電に必要な出力はちゃんとでていましたね。

充電速度

「Anker 511 Charger」でiPhone13 Proのバッテリーが80%になるまで充電してみたところ、以下の表のとおりになりました。

Anker 511 Charger
充電時間バッテリー
開始時点6%
30分56%
1時間80%

30分で50%も充電できるのでめっちゃ速いですね。あっという間に充電できるのはありがたいところ。

ポテイモ
ポテイモ

計測が80%までなのは、iPhoneの最適化さいてきかによって80%以上での計測があてにならないからだよ

↑目次へ戻る

「Anker 511 Charger」の使用感

実際に「Anker 511 Charger」を使って感じたことを3つ紹介します。

ポーチに忍ばせられるくらいコンパクト

本体が本当にコンパクトで、僕が持つ小さめのポーチ「ProCase 収納ケース」にもしのばせられるレベル。

Anker 511 Charger

また、かなりコンパクトな30W充電器としてVOLTME Revo 30 Duoもあるのですが、それよりも一回り小さいんですよね。

左:VOLTME Revo 30 Duo 右:Anker 511 Charger
左:VOLTME Revo 30 Duo 右:Anker 511 Charger
左:VOLTME Revo 30 Duo 右:Anker 511 Charger
左:VOLTME Revo 30 Duo 右:Anker 511 Charger

持ち運びしやすく荷物にもつ圧迫あっぱくしないので、ちょっとしたお出かけに最適さいてきな充電器になっています。

ほとんど発熱しない

充電器の制御せいぎょシステムがしっかりしているおかげか、ほとんど発熱しません。

Anker 511 Charger

iPhoneを急速充電している間に本体をさわっても、ほんのり温かいだけ。発熱しないのでかなり安心できます。

ポートは1つのみで同時充電はできない

搭載とうさいされているポートは1つのみなので、2つ以上のデバイスの同時充電はできません。

そのため、旅行時などガッツリ充電するのにはいておらず、ちょっとしたとき用にとどめておくのが良いですね。

ポテイモ
ポテイモ

まあ、ポート数が少ないおかげでこれほどコンパクトになっているんだけどね

↑目次へ戻る

「Anker 511 Charger」におすすめのケーブル

「Anker 511 Charger」にはケーブルがないため、別途購入が必要。そこでおすすめなのが「Anker PowerLine III Flow」

Anker PowerLine III Flow

絡まないように表面がサラサラで、ほどよく太めになっている高耐久ケーブルです。最大出力も100Wまで対応。

Anker PowerLine III Flow
Anker PowerLine III Flow

iPhoneは純正のケーブルで充電し、イヤホンやiPadなど他のデバイスでは「Anker PowerLine III Flow」を使うのがベスト。

↑目次へ戻る

「Anker 511 Charger」に関するQ&A

ここでは「Anker 511 Charger」に関するQ&Aをまとめています。

Q
「Anker 511 Charger」はどんな人におすすめですか?
A

気軽に持ち運ぶ用のコンパクトな充電器が欲しい方です。たまたま充電できるところに行ったら充電するくらいの用途ですね。

Q
「Anker 511 Charger」にケーブルは付属しますか?
A

ケーブルは付属しないので、別途購入しましょう。おすすめのケーブルは「Anker PowerLine III Flow」です。

↑目次へ戻る

まとめ

本記事では、30W出力のUSB充電器である「Anker 511 Charger」をレビューしました。

Anker 511 Charger

ポート数は少ないのでガッツリ使うのには向きませんが、ちょっとしたお出かけ用には便利な製品です。

持ち運び用のUSB充電器が欲しいと考えている方は「Anker 511 Charger」を考えてみてはいかがでしょうか。

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました