ノートPC作業をちょっとラクにするブログ
4/19 9:00 ~ 4/22 23:59 までAmazon スマイルSALE 開催! エントリーはこちらから
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

【Blackview Tab10 WiFi】動画を見るには十分なスペックを持つAndroidタブレットをレビュー

製品レビュー
製品レビュー

どうも、毎日必ずYoutubeを開くポテイモ(@poteimoblog)です。

Youtubeなどの動画を見るときは、なるべく大画面でみたいので、タブレットを使いたいところ。

動画用にiPadを選ぶのも良いですが、オーバースペックだし、なによりも価格が高いですよね。

かといって安すぎるAndoroidタブレットは、動きがカクカクでストレスがたまってしまいます。

そこで本記事では、価格をおさえつつ、動画を見る分には十分なスペックの「Blackview Tab10 WiFi」を紹介します。

最初に結論
製品の評価:4.0

重いサイトやYoutubeメニューでは少しひっかかりがあるものの、動画用としては必要十分な製品に仕上しあがっています。途中とちゅうまったりカクついたりすることはないですね。

本記事はBlackView様から製品を提供いただいてますが、内容は自由に作成しています。

「Blackview Tab10 WiFi」のスペック・特徴

「Blackview Tab10 WiFi」は8コアCPUを搭載とうさいしたAndroidタブレットです。

Blackview Tab10 WiFi
\ タブ切り替えができるよ! /

  • アルミ合金をフレームに使用
  • 8コアのMediaTek MT8788を搭載
  • 16GBまで拡張かくちょうできるRAM
  • 顔認識機能かおにんしょうきのう付きのカメラを搭載(フロントカメラ)
  • 1年間の安心保証付き
Blackview Tab10
サイズ10.1インチ
重量485g(ポテイモ調べ)
解像度800×1280
CPU(SoC)MEDIATEK MT8788(8コア 2.0GHz)
RAM16GB(8GB+8GB拡張)
ストレージ256GB(+2TBまで拡張可能)
バッテリー7680mAh
カメラフロント:5MP
リア:13MP
OSAndroid13

メモやビデオ会議、動画視聴どうがしちょうなどの一般向けに作られたタブレットになっています。ゲーム用ではなく、普段用ですね。

普段用といっても最小限ではなく、アルミ製のフレームを採用したり、顔認識やRAM拡張など便利べんりなものをしっかり備えています。

↑目次へ戻る

「Blackview Tab10」の開封・外観レビュー

「Blackview Tab10」を開封した時の状況と、本体の外観をレビューしていきます。

項目

開封

洗練せんれんされたデザインのパッケージを開けると、フィルムとタブレットがドンとでてきます。

Blackview Tab10 WiFi
Blackview Tab10 WiFi

フィルムとタブレットを箱から取り出すと、付属品がきれいに収まっている状態じょうたいで出現。

Blackview Tab10 WiFi
Blackview Tab10 WiFi
付属品
  • タブレット本体
  • タブレットケース
  • 保護フィルム
  • 充電アダプター
  • 充電用Type-A to Cケーブル
  • タッチペン
  • SIMピン
  • 説明書

開封かいふう時のタブレットにはフィルムがあるため、取ってしまいましょう。気泡きほうがめっちゃ入っているのにはおどろきましたがね笑。

Blackview Tab10 WiFi

また、タブレットケースはすでに装着そうちゃくされています。普通にはずせるので、自分の使い方に合わせて着脱しましょう。

Blackview Tab10 WiFi
Blackview Tab10 WiFi

電源を付けると、セットアップ画面がでてくるため、指示しじ沿って設定したらホームにいきます。結構すぐにできますよ。

Blackview Tab10 WiFi
Blackview Tab10 WiFi

外観

全体的な見た目としては、アルミ製の質感の良いものに仕上がっており、安っぽさはなし。割と洗練せんれんされていますね。

Blackview Tab10 WiFi
Blackview Tab10 WiFi
Blackview Tab10 WiFi

背面カメラはシングルになっており、見た目重視じゅうしなデザイン。前面カメラはディスプレイの端にちょこんとついています。

Blackview Tab10 WiFi
背面カメラ
Blackview Tab10 WiFi
前面カメラ

本体の側面そくめんにはインターフェースがあります。音量や電源ボタン、Type-C端子、ディあるスピーカー、SIMスロット(シングル)ですね。

SIMスロット(シングル)

↑目次へ戻る

「Blackview Tab10 WiFi」の性能

「Blackview Tab10 WiFi」の性能を処理性能しょりせいのう・カメラ・ディスプレイ・音質の4つに分けて紹介していきます。

処理性能

ベンチマークツールで「AnTuTu Benchmark」本体の処理性能しょりせいのうを確認した結果、約24万という結果に。

Blackview Tab10 WiFi Antutu 24万

サクサクではないものの、必要十分に動作してくれる数値すうちですね。「普段用としてはまあ十分かな」くらい。

実際に操作そうさしてみても、読み込み時はひっかかりがあるけれども、通常時はストレスを感じるほどではないという印象。

Blackview Tab10 WiFi

たださすがにゲームは厳しいですね。結構軽いゲームなら大丈夫ですが、少しでも重いゲームはひかえましょう。

カメラ

前面カメラと背面カメラで撮影さつえいしたのが以下の写真。

Blackview Tab10 WiFi 前面カメラ写真
前面カメラで撮影した写真
Blackview Tab10 WiFi 背面カメラ写真
背面カメラで撮影した写真

正直画質はそんなに良くないですね。あらさがあり、色味も実際の風景ふうけいとかなりちがうので。

きれいな写真を撮るというのは無理なため、メモや証拠しょうこを残すくらいの使い方が現実的。

ディスプレイ

本体のディスプレイはパッと見はきれい。ただ、よくよく見るとドット感があります。

Blackview Tab10 WiFi

ブラウザの写真や高画質設定のYoutube動画を見ても、ぼやけていたりギザギザ感があることも。

ただ、よくよく見ないとわからないため、気にはならないですね。価格を考えれば十分なディスプレイ性能せいのう

音質

音質に関しては、こだわらなければ十分な感じ。少なくとも僕は音質がわるいとは思わないくらい。

Blackview Tab10 WiFi

空間への広がりやなめらかさを感じるほどではないものの、聞いててストレスを感じない音質になっています。

↑目次へ戻る

「Blackview Tab10」の使用感

実際に「Blackview Tab10」を使って感じた点を3つ紹介していきます。

普段用で十分使えるスペック

本製品は、ブラウザや動画視聴どうがしちょうなどの普段づかいでは十分なスペックを持っています。

読み込み時や画像が多いサイトではひっかかりがあるものの、通常時つうじょうじはそれなりの快適かいてきで操作できますね。

ゲームは厳しいですが、ブラウザや動画視聴であれば、ストレスの少ない操作感です。というか十分なくらい。

持ち運びがしやすいサイズ感

10.1インチなので持ち運ぶのにもちょうどいサイズ感になっています。しかも、0.7cmといううすさ。

Blackview Tab10 WiFi

「大きいなあ」「ちょっとあつめだなあ」と感じることはなく、片手で気軽に操作そうさできます。これなら外へ持ち運びやすい。

重さに関しても、約485gとそんなに重くないですね。カバンに入れてもそこまで荷物にもつに感じないのが良いところ。

Blackview Tab10 WiFi 485g

充電速度は遅い

充電速度はそれなりにおそいです。20Wで充電しても1時間に30%しか充電しないんですよね。

Blackview Tab10 WiFi

ている間や仕事へ行っている間に充電するのがおすすめです。価格が安いからとはいえ、もう少し速いとありがたかったですね。

↑目次へ戻る

「Blackview Tab10 WiFi」と「OSCAL Pad 60」との比較

本製品に近いものとして「OSCAL Pad 60」があります。スペックや操作そうさ感の比較ひかく表が以下のとおりです。

Blackview Tab10 WiFi OSCAL Pad 60
Blackview Tab10 WiFiOSCAL Pad 60
イメージ
サイズ画面:10.1インチ
厚さ:7mm
画面:10.1インチ
厚さ:9mm
重量約485g約534g
CPUMEDIATEK MT8788(8コア)RK3326S(4コア)
RAM16GB(8GB+8GB拡張)5GB(3GB+2GB拡張)
ストレージ256GB64gb
使用感通常時はそれなりに快適。
読み込み時などはひっかかりがある
どんな作業でも
多少のカクツキがある
価格26400円11100円

近い機種きしゅとはいえ、本製品のほうが1万円高く、その分スペックが高い感じですね。安さをとるか、スペックをとるかのちがい。

Blackview Tab10 WiFi OSCAL Pad 60

ただ、この1万円ちょっとの差は大きく、動作のなめらかさや表示速度がかなり違います。どちらも使ったところ、ストレスは本製品のほうが圧倒的あっとうてきひくですよ。

ポテイモ
ポテイモ

個人的には1万円ちょっとを多く払って快適かいてきさを重視したほうがいいよ、マジで。

↑目次へ戻る

「Blackview Tab10 WiFi」に関するQ&A

ここでは「Blackview Tab10 WiFi」に関するQ&Aをまとめています。

Q
「Blackview Tab10 WiFi」はどんな人におすすめですか?
A

ゲームなどはせず、ブラウザや動画視聴をしたい方です。普段用としてはストレスなく使えるスペックなのが理由ですね。

Q
「Blackview Tab10 WiFi」に技適はありますか?
A

あります。背面にシールがあり、そこに技適ぎてきマークと番号が印刷されています。

Q
Androidに独自のカスタマイズはされていますか?
A

特にされていません。最初から広告にありそうなゲームアプリは入っていますが、それ以外はなにも変わらないですね。

↑目次へ戻る

まとめ

本記事では、Androidタブレットである「Blackview Tab10 WiFi」をレビューしました。

Blackview Tab10 WiFi

価格のおさえられておりながら、動画視聴どうがしちょうも問題なくできるタブレットに仕上がっています。

Amazonでは7000円クーポンが用意されているため、2万円以下で買えますよ。

価格を抑えつつ、動画を見るのに十分なスペックのタブレットがしい方はぜひチェック!

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました