ガジェット

【超コンパクト!】iPad対応の手軽な折りたたみ式ワイヤレスキーボード「iclever三つ折りワイヤレスキーボード」

ポテイモ

こんにちは、ポテイモ(@poteimoblog)です。

iPadは持ち運びがしやすく、手軽に扱うことができるため、ノートパソコンの代わりとして使いたいと思う方も多いと思います。

このような方達にとって、効率のためにiPad用のキーボードは必要ですよね?

ただそのキーボードはiPad同様に、手軽で持ち運びに適したものが良いはずです。

僕自身もiPadをノートPC代わりに使いたく、外でも家でも移動に適したキーボードが必要でした。

そこでicleverの「三つ折りワイヤレスキーボード」を購入。

使ってみると、超コンパクトでスペースを取らず、パソコンと同等の文字入力が手軽にiPadでできるようになりました。

今回はこの「三つ折りワイヤレスキーボード」をレビューしていきます。

商品の特徴

・三つ折りのBluetoothキーボード

・マルチペアリング対応で3つまで登録可能

・各OSに対応した機能を使える

ぜひこの記事が参考になれば幸いです。

三つ折りワイヤレスキーボードの概要

スペック

三つ折りワイヤレスキーボード」は、icleverが販売する折りたたみ式のBluetoothキーボードです。

価格3880円(amazon調べ)
BluetoothバージョンBluetooth 5.1
サイズ

携帯時:146×89.6×6.6mm

展開時:251.7×89.6×14mm

接続可能な距離10m
スタンバイ時間約60日間
充電時間2時間
連続使用時間80時間
電池最大量210mA
電池寿命約3年間
キーの寿命約300万回
材質ABS/アルミニウム

同梱物

同梱物

・キーボード本体

・マイクロUSBケーブル

・キーボードポーチ

・滑り止め用シリコンパッド

・取扱い説明書

マイクロUSBケーブルは普通のUSB Type-Aの電源に挿して使えます。

ポーチは毛素材のような触り心地の素材のものでできています。

説明書では機能の説明や使い方が丁寧に書かれています。

外観

アルミニウムでできており重厚感がありながら、実際持ってみるとカバー付きのiphone8よりも軽いです。

本体は三つ折りになっており、カバーのようなものが折り目を覆っています。

展開すると折り目との境目がない、普通のJIS配列キーボードに変化します。

キーはノートパソコンのと同じパンタグラフで、浅めで軽い押し心地ながらしっかりとした打鍵感があります。

ポテイモ

安っぽさが一切なく、折りたたみ部分やキーなどしっかり作られているぞ!

三つ折りワイヤレスキーボードの良いところ

三つ折りワイヤレスキーボード」の良いところは以下の3つです。

・非常にコンパクト

・展開するだけで電源がオンになる

・各OSに対応したファンクションキーを使える

非常にコンパクト

このキーボードはとにかくコンパクトで、iphone8と同等の大きさかつ、厚みもそれほど大きくない自分の親指以下です。

展開時の大きさもiPad air3の横幅と同等で、全然場所を取りません。

そのためスマホを持つ感覚で持ち運びができ、展開時もスペースを使わないため、気軽にキーボードを使うことができます。

ポテイモ

しかも軽いから荷物にもならない!

展開するだけで電源がオンになる

Bluetooth接続の設定を終わらせておけば、キーボードの両端を展開するだけですぐに電源がつきます。

電源ボタンでわざわざつけるといった操作はしなくてもよいので、すぐに使いたい時には非常に便利なキーボードであると言えます。

ポテイモ

普通の折りたたみキーボードは電源ボタンを触る必要があるけど、これはない!

各OSに対応したファンクションキーを使える

「ios」「Android」「Windows10」「MacOs」に対応しており、「fn」キーで各機能を使うことができます。

そのため、このキーボードを使うことができる幅がかなり広く、普通のキーボードと同等の便利さを持っています。

特にマルチペアリングと相性が良く、接続先の端末が別々のOSであっても、それぞれのOSの機能に対応できます。

ポテイモ

OSを気にする必要がなくてつかえるのも魅力的だよね

三つ折りワイヤレスキーボードの悪いところ

三つ折りワイヤレスキーボード」の悪いところは以下の2つです。

・ かな入力と英語入力の切り替えが1つのキーではできない

・バッテリー残量がわからない

かな入力と英語入力の切り替えが1つのキーではできない

かな入力と英語入力の切り替えが少し独特で、かな入力の際は「かな」キーを、英語入力の際は「英数」キーを押す必要があります。

ただ切り替え用のキーを二回押すのではなく、それぞれの切り替え用のキーを押す必要があって、最初はやりにくいでしょう。

ただiPadの場合、CapsLockキーで言語切り替えができるので特に気にする必要はないです。

もしCapsLockキーで切り替えができなければ、設定の「一般」→「キーボード」→「ハードウェアキーボード」で有効にできます。

ポテイモ

他のOSの人にとっては気になるかもだけど、iPadを使う人は気にしなくてもいい部分

バッテリー残量がわからない

このキーボードを接続しても、バッテリーが表示されずに残量を確認することができません。

一応バッテリー残量確認用のキーが用意されているのですが、ランプが光るだけで実際には分からないので意味はないでしょう。

ただこのキーボードに限らず、多くのBluetooth機器に当てはまるので、Bluetooth機器はバッテリーがわからない物と割り切ってしまいましょう。

ポテイモ

端末やOSの純正品しかバッテリーがわからないことが多いんだよね

こんな人におすすめ

三つ折りワイヤレスキーボード」は以下の3つのどれかに当てはまる人におすすめです。

・省スペースで持ち運びに適したキーボードが欲しい方

・iPadスタンドを使用しており、ケース一体のキーボードが使えない方

・別端末と併用してキーボードを使いたい方

iPadをカフェなど移動先で使用する人限られたスペースで作業する人には特におすすめです。

まとめ

今回はicleverの「三つ折りワイヤレスキーボード」をレビューしました。

非常にコンパクトでありながら、打鍵感の良いパンタグラフのJIS配列キーボード。

移動に適している他、狭いスペースでも使うことができるという利点があります。

移動先で使えるiPad用のキーボードを探している方は、このキーボードを候補に入れてみてはいかがでしょうか?