ノートPC作業をちょっとラクにするブログ
Amazon先行セールが7/11 ~ 7/15まで開催! 詳しくはこちらから!
本記事には広告を含む場合があります
本記事には「アフィリエイト広告」および「アドセンス広告」などの広告を掲載している場合があります。
消費者庁の定める『誇大な宣伝や表現』とならないように配慮し、コンテンツを制作しておりますのでご安心ください。
消費者庁:景品表示法の新運用基準について

仕事など静かな場所で使えるメカニカルキーボード【FILCO Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル】

周辺機器
周辺機器

PC作業をしている方の中には、メカニカルキーボードを使ってみたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかしメカニカルキーボードは音が大きくて、仕事など静かな場所で使うのは躊躇ってしまいますよね。

僕も以前はノートPCのキーボードでブログ作業をしており、快適さを求めてメカニカルキーボードを使いたいと考えておりました。

しかし、家族と住んでいるので静かなキーボードであることが絶対条件。

そこで、静かなメカニカルキーボードをネットで探したところ、これを満たす「Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」を見つけて購入。

メカニカルならではの打鍵感がありながら、静かに打つことができて満足しております。

今回はこの「Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」をレビューしていきます。

製品の特徴
  • スコスコで軽めの打鍵感
  • 静音赤軸によって静かな打鍵音
  • 付属の変換端子でPS/2接続が可能

ぜひこの記事がキーボード選択の参考になれば幸いです。

「Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」の概要

スペック

Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」はFILCOのメカニカルキーボードです。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル
Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル
価格 13,730円
キーボードの種類 メカニカルキーボード(テンキーレス)
サイズ 幅357×高さ37×奥行き137mm(スタンド使用時高さ49mm)
重量 980g
接続方式 USB Type-A有線(PS/2接続)
USBケーブルの長さ 1.5m
対応OS Windows xp sp2以降/7/8/8.1/10
Nキーロールオーバー 対応(USB接続時6キー、PS/2接続時フルキー)
キースイッチ CherryMX静音赤軸(ピンク軸)
キーの重さ(押下圧) 45g

同梱物

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル
同梱物
  • キーボード本体
  • キーボードカバー
  • PS/2変換端子
  • 取扱い説明書

外観

全体の見た目は非常にシンプルで、THE・黒いキーボードといった感じ。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

フレームはザラザラのマット仕上げになっていて高級感があります。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

キー配列は日本語配列で、キーキャップには「かな」表記も印字されています。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

他のキーボードと比べると横が結構厚めです。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

正面右側には銀色で「FILCO」のロゴが取り付けられています。。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

裏側には爪があり、角度を付けることができます。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

キーキャップを外すと、静音赤軸を示す薄赤色のキースイッチの姿が。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル
[voicel icon=”https://poteimoblog.com/wp-content/uploads/2021/10/KPAW6872.jpg” name=”ポテイモ”]シンプルながら高級感のある見た目![/voicel]

↑目次へ戻る

「Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」の良い点

滑らかなスコスコ打鍵感

滑らかでクリック感がなく、軽めのスコスコとした打鍵感が気持ちいいです。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル 打鍵感

メカニカルというとクリック感のある打鍵感を思い浮かべますが、この製品ではスッといくけどしっかり反発する気持ちよさが!

メンブレンに近い押し心地ですがゴム感はなく、ほどよい抵抗感でメカニカルならではの打鍵感が楽しめます。

ポテイモ
ポテイモ

クリック感のある打鍵感が欲しい方には注意!

打鍵音が静か

メンブレンほどの静音ではないですが、静かなスコスコ打鍵音で打つことができます。

(マイクが近いので大きく聞こえていますが、しっかり静音です)

このキーボードで使われている静音赤軸には、打鍵音を30%軽減する特性があります。

そのため、他の軸が使われたキーボードよりもかなり静かな打鍵音が可能に!

ポテイモ
ポテイモ

これで静かな場所でもメカニカルキーボードを使える!

安定感がある

1kgの重さがあるおかげで、キーボードの位置がズレにくく安定感があります。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

軽いキーボードだとズレやすく、何度も元の位置に戻す必要がでてくることに。

重さは持ち運びにおいてデメリットに見られがちですが、据え置きの場合はむしろメリットになります。

↑目次へ戻る

「Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」の悪い点

人によっては慣れが必要

打鍵感が軽く、キーの反応位置が押し込んでからちょうど半分くらいという浅めの位置となっております。

そのため、軽いキーボードに慣れていない人はミスが起きやすいでしょう。実際、僕もよくミスりました…笑

ただ、逆に慣れてしまえばこのデメリットは解消されるので、正直気にする必要はありません。

手首に負担がかかりやすい

厚めのキーボードなので手首を地に着けにくく、長時間使うと疲れてしまいます。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

この話はこのキーボードだけに限らず、値段が高めのキーボードに共通した話です。

しかし、このデメリットはパームレストという手のひらを置く板を使えば解消することができます。

FILCO Majestouch2TenkeylessS 静音モデル

パームレストはタイピングによる手の負担を軽減してくれるので、1つは持っておいた方が良い代物です。

ちょっとしたバネ音がある

キーボードを強く打つ場合にバネ音が聞こえます

が、このバネ音は気になる人が気になる程度でうるさくはありません。

普段タイピングしている分には全く気にならないレベルなので、デメリットかは怪しいところになります。

ポテイモ
ポテイモ

今まで使ってきたけど、全然気にならなかったよ。

↑目次へ戻る

こんな人にオススメ

Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」をオススメするのは以下の3つに当てはまる人です。

おすすめできる人
おすすめできない人
  • スコスコ打鍵感が好みの方
  • 静かな場所でメカニカルキーボードを使いたい方
  • シンプルなデザインのキーボードが欲しい方
  • クリック感が好みの人

特に仕事場や静かな場所でメカニカルキーボードを使いたい人にオススメします。

↑目次へ戻る

まとめ

今回は「Majestouch2 TenkeylessS 静音モデル」をレビューしてきました。

軽めのスコスコ打鍵感が特徴で、ほどよい抵抗感のあるメカニカルならではのうち心地が気持ちいいです。

また、静音赤軸が使われているため打鍵音が静かなキーボードとなっています。

さらにデザインも仕事場で使えるシンプル設計なので、仕事場で使うのにも向いています。

仕事や静かな場所でメカニカルキーボードを使いたい方は、ぜひこのキーボードを使ってみてはいかがでしょうか?

↑目次へ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました