デスクワークに最適の無線マウス「MXMaster3」をレビュー | ポテイモブログ|デスク周りのガジェットレビューブログ

デスク周りのガジェットレビューブログ

デスクワークに最適の無線マウス「MXMaster3」をレビュー

    
デスクワークに最適の無線マウス「MXMaster3」をレビュー
\ この記事を共有 /
デスクワークに最適の無線マウス「MXMaster3」をレビュー

こんにちは、ポテイモ(@poteimoblog)です。

ポテイモ

デスクワークにおいて必要なデバイスの1つであるマウス。

ノートPCではタッチパッドもありますが、操作性はやはりマウスに劣ってしまうのでマウスが欲しいところ。

ただ、有線のものを選ぶとコードが邪魔にあるので無線のものが欲しいですよね?

僕もその1人で、ノートPCを買った際に無線のマウスが欲しいと思っていました。

さらに、当時はYoutube活動を想定していたため性能や機能性も視野に。

その結果、これらを満たすLogicoolの「MX Master3」を購入。

1万円を超える高級マウスですが使い心地や機能性が妥協を許さないレベルで良く、今ではこれがなくてはならない体になってしまいました。

今回はこの「MX Master3」をレビューしていくので、マウス選びの参考にしていただければ幸いです。

製品の特徴
  • スクロールモードの変更が可能
  • ジェスチャー機能搭載
  • 専用ソフトでカスタマイズ可能
  • 3つまでのマルチペアリングが可能

MX Master3の概要

スペック

MX Master3」はLogicoolのワイヤレスマウスです。

Logicool MX Master3
MXMaster3
価格14,850円(Logicool公式サイトより)
カラーバリエーション‎グラファイト / ミッドグレー
サイズ‎高さ124,9mm 幅84,3奥行き 51mm
接続方式Bluetooth & USB Unifying(10m以内で動作)
ワイヤレステクノロジーアドバンス2.4GHzワイヤレステクノロジー
センサーテクノロジーDarkfield高精度(公称値: 1000dpi)
DPI(最小値と最大値)200dpi~4000dpi
ボタン7個(左/右クリック、戻る/進む、アプリの切り替え、ホイールモードシフト、ミドルクリック)
バッテリー内蔵充電式リチウムポリマー電池(500mAh)/最大70日
システム要件windows10,11以降、macOS10.15以降、ipadOS、ChromeOS、Linux

同梱物

Logicool MX Master3の同梱物
同梱物
  • マウス本体
  • USBレシーバー
  • USB-C充電ケーブル(USB-A – USB-C)
  • 保証書、保証規定

Bluetoothマウスですが、付属のUSBレシーバーによって接続を安定させることができます。

外観

全体の見た目はシンプル、だけど曲線と銀色のアクセントがあり、さらにツヤがないため高級感がある。

Logicool MX Master3前面

形に関しては左右非対称で右利きに特化した形となっている。

Logicool MX Master3前面

握ると自然と手に吸い付く感じで、さらに質感がラバーのためより一層心地良さを高めている。

Logicool MX Master3の質感はラバー

他のマウスと違い上側にはホイールモードが変更できるボタンが、左側にはサムホイールとサイドボタン、底側にジェスチャーボタンがある。

Logicool MX Master3の上側にはホイールモードが変更できるボタンが、左側にはサムホイールとサイドボタン、底側にジェスチャーボタン

裏側には電源スイッチ、センサー、ペアリング切替ボタンがある。

Logicool MX Master3ホイールモードが変更できるボタンが、左側にはサムホイールとサイドボタン、底側にジェスチャーボタン

そして、正面にはUSB Type-Cが搭載されている。

Logicool MX Master3 USB Type-C

手に吸い付くような形を追求しながら、デザインもスッキリしている!

ポテイモ

MX Master3の良いところ

非常に操作しやすい

握り心地が良い上、自然とよく使うボタンのところに指が置かれるようになっているのでストレスなく操作ができます。

Logicool MX Master3 操作しやすい
(撮影の関係上、画像では押しにくそうですが、実際は押しやすいです!)

また少し離れたボタンにも簡単に手が届くようになっているので疲れにくいです。

ただボタンがあるのではなく、起きやすい場所にあるのはありがたい!

ポテイモ

カスタマイズ性が高い

MX Master3」には専用のソフトが用意されており、設定可能な項目も多いことからカスタマイズ性が高めです。

Logicool MX Master3 カスタマイズ性が高い

具体的にはポインタの速度ボタンの割り当てジェスチャーの割り当てなど自由にカスタマイズできるようになっています。

ちなみに、僕の設定は以下のようになっています。

Logicool MX Master3 Options
Logicool MX Master3 Options
Logicool MX Master3 Options

ショートカットだけでなくソフトやファイルも開くことができる上、ソフトごとに設定できるのでありがたいです。

よく使うファイルやソフトを1クリックで操作できるのが便利!

ポテイモ

ホイール機能が便利

MX Master3」にはSmartShiftという機能があり、この機能が非常に便利となっております。

どんな機能かというと通常時はラチェットモード、速くスクロールするとフリースピンモードに自動で切り替わります。

それぞれのモード
ラチェットモード:一般的なマウスのようにクリック感があり、細かなスクロールに向いている。

フリースピンモード:抵抗のない滑らかなスクロールで、一気にスクロールする場合に向いている。

これによってゆっくりいろんな情報を見たい時素早くピンポイントに情報を見たい時に合わせて使い分けることができます。

Webサイトをじっくり見る、あるいは一気に見るといった使い分けができる!

ポテイモ

充電が長持ちする

1分の充電で3時間、フル充電で最大70日間使用できるほど充電が長持ちします。

充電が長持ちすることによって頻繁に充電する必要がなく、電池を使いたくない人には高い恩恵が得られます。

持ちすぎて忘れたころに電池切れがきちゃう(笑)

ポテイモ

MX Master3の悪いところ

他のマウスに比べると重い

一般的なマウスに比べると重くてゲームには向かず、マウスを置き直すときも最初は慣れないでしょう。

Logicool MX Master3 重い

しかしこの重さが安定感を生み出し、マウスの高級感を後押ししているので重さによる恩恵もしっかりあります。

逆にマウスが軽すぎると操作しにくいから、作業では重いくらいがちょうどいいかも。

ポテイモ

持ち運びに向かない

他のマウスと比べるとサイズも大きめなので持ち運びには不向きです。

大きめのサイズがカバンの場所を取ることになってしまうので、収納しにくいという問題が出てきます。

Logicool MX Master3

ただ、公式ではないのですが専用ケースが売られているので、持ち運びたい方は専用ケースを使うと良いでしょう。

ケースがあると一気に持ち運びやすくなる!

ポテイモ

クリック音が大きい

クリック音は静音設計ではないため比較的大きく、静音性を求める場所では向きません。

しかしクリック音自体は潔い感じで気持ち良く、音を気にしなくても良い場所では気持ちよく使うことができます。

クリック音自体は普通にいい音だよ

ポテイモ

Macの方には「MX Master3 for Mac」

MX Master3」にはMacに特化したモデルとして「for Mac」があります。

for Mac」では通常モデルに同梱されているUSBレシーバーが入っていません。

そのかわり、Bluetoothの接続性がMacに最適化されており、充電ケーブルも両側がType-Cとなっております。

MacやiPadで使う方はぜひこちらのモデルを選びましょう。

Macだから使えないという問題は一切ない!

ポテイモ

こんな人にオススメ

MX Master3」をおすすめするのは以下の3のどれかに当てはまる人です。

  • デスクワークをする人
  • 動画編集などクリエイティブ作業を行う人
  • とにかく作業効率をあげたい人

正直PCを使っている人全員にオススメしますが、クリエイティブ関係者デスクワークがメインの人は絶対使うべきマウスです。

まとめ

今回は「MX Master3」を紹介してきました。

値段は高いものの、使い心地や機能は妥協を許さず、カスタムもできることから自分専用マウスになり得ます。

さらに無線なのでコードが邪魔にならず、デスクワークに最適のマウスとなっております。

OSによって使用者が制限されることもないので誰でも使えるという利点も。

デスクワークを行う人やクリエイティブを行う人はぜひマウス選びの参考にしてはいかがでしょうか?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright©ポテイモブログ,2022All Rights Reserved.